公平な遺産分割をするための方法を知る

遺産分割を公平にスムーズに進めるには各相続人の事情や法定相続分を尊重することがポイントです。

誰かが亡くなって相続が開始した時、相続人が集まって遺産をどのように
分けるのか話し合うのが一般的な任意の遺産分割方法です。

“公平な遺産分割をするための方法を知る” の詳細は »

自筆証書遺言書を発見したらしなければならないこととは

自筆で書かれた遺言書を発見しても、興味を持って開封してしまうのは厳禁です。

民法では「遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所
に提出して、その検認を請求しなければならない。」とあります。
“自筆証書遺言書を発見したらしなければならないこととは” の詳細は »

お気に入りの食器を選ぶ楽しみ

季節や食事にあわせた器をしつらえるのは難しいですが、食卓の楽しみの一つでもあります。

春の陽気に誘われた、というのを言い訳にして新しい器を買いに出かけました。
家のこと、特に食卓周りのことを考えるのが好きです。
今日の食事にはこの皿を、この食材の色にはこの皿が合うかな・・などなど
“お気に入りの食器を選ぶ楽しみ” の詳細は »

相続不動産の中に未登記の建物があったら?

未登記の建物を相続したら、速やかに表題登記と所有権保存登記をするのが良いです

遺産分割協議もまとまり、いざ不動産の登記をしようとした時
にその建物登記簿に載っておらず、未登記であることが判明したら
この建物はどうしたらよいのでしょうか。
“相続不動産の中に未登記の建物があったら?” の詳細は »

相続に備えてしておきたい対策とは

相続に備えるには、4つの対策を全てバランスよく行なうことが大切です。

相続対策には、将来の相続争いを防ぐための『分割対策』や
適正な財産評価を基にした『節税対策』
そして納税資金を確保し、家族に負担をかけない『納税対策』
更には、生命保険や死亡退職金等の非課税枠の利用による
『不動産以外の節税対策』の四つが考えられ、
これらすべての対策をバランスよく行うことが大切です。

“相続に備えてしておきたい対策とは” の詳細は »

 

事前の調査を進めるにはわけがある

相続に欠かせない「事前調査」とは、1.相続人を確定すること。2.不動産に関する情報をまとめること。3.財産目録を作成すること。

相続において、何より大事な第一ステップ、それが私どもが「事前調査」と呼んでいるものです。
では、「事前調査」とは、どのような調査でしょうか。
下記にご説明しますね。
“事前の調査を進めるにはわけがある” の詳細は »

相続人の廃除について学びましょう

被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができますよ

遺言により遺言執行者が指定されている場合または指定の委託がある場合は、遺言執行者が直ちに任務を開始する(1006条・1007条)。
子の認知・相続人の廃除およびその取り消しを除き、遺言執行者がなくても相続人が遺言の内容を実現することが可能であるが、手続を円滑に進めるためには、遺言執行者を指定しておく方がよい。
“相続人の廃除について学びましょう” の詳細は »

 

相続人の欠格事由をあげる

推定相続人の廃除は、相続人となることができないというのではなく、法的にふさわしくないということで判決を下してもらうようなものです

以下の5つの要件にのいずれかに該当する相続人は、相続人となることができません。これに該当する場合は被相続人が家庭裁判所に申し立てや手続をとる必要もありません。遺言に関し次の者は、相続人の欠格事由になる(891条)。
“相続人の欠格事由をあげる” の詳細は »

相続における普通遺言の種類別メリットとデメリット

相続には、財産はプラスのものだけでなく、マイナスの財産もあることを忘れてはいけませんよ

各種普通遺言の種類別メリットを見て行きましょう。
★自筆証書遺言・・・・・最も手軽に作成することができます。ただし、日付が記入されていないなど形式を満たしておらず無効となってしまうことや、家族すらその存在を知らず、故人の意向が聞き届けられない、法的に形式上無効となってしまう、紛失するなど手軽に簡単に作成できる裏には確実に有効になるというラインからは少しリスクが伴ったものといえます。
“相続における普通遺言の種類別メリットとデメリット” の詳細は »